以前、辛坊治郎氏の講演会レポートでご案内したとおり、
ここにきて株価がグッと上がり始めましたね。
「バズーカ2」とも称された日銀・黒田総裁による追加金融緩和の発表は、
アメリカでの量的緩和終了や共和党が大勝をおさめた中間選挙結果とあいまって、
円安を1ドル=115円の水準にまで推し進め、
日経平均株価も一時1万7千円台を回復しました


辛坊治郎氏の読みどおりであれば、消費増税の判断が行われる年末に向けて、
このまま株価は上がってゆくことと思われます。

一方で、生活者としてやはり気になるのは、物価の上昇に賃金の上昇が追いつかない事態です。
確かに金融商品の市場は活況かもしれませんが、
余剰資産を持たない庶民にとってはアベノミクスによる株価回復の喜びよりも、
ガソリンなど原材料費高騰に伴う物価上昇の脅威の方が大きいのは当然のこと。
こうして富裕層がますます富を蓄える一方、
年金需給年齢の引き上げや生活保護の縮小など社会保障費が切り詰められていくことで、
貧困層の生活はますます逼迫していくことが考えられます。

経済アナリストで講演会でも人気の森永卓郎氏が『年収300万円時代を生き抜く経済学』で指摘したのは、小泉政権時代の新自由主義にもとづくこうした格差拡大でした(もちろん安倍政権もその延長上にあるわけです)。
年収300万円時代を生き抜く経済学
デフレ不況下でも一定の富を有しているエリート層は安価に不動産等を入手でき、インフレが進んで地価が上がれば、その資産価値を一気に向上させることができます。
(メディアへの支配力を強める安倍政権の影響でTVの露出が減ったと言われる森永氏ですが、講演会では最新の経済状況を分析し、分かりやすく伝えてくれますよ

それでは、庶民が多少なりとも富を得るにはどうすればよいのでしょう・・・。

FXやNISAなど簡単に行える投資商品に流行の兆しがありますが、何より庶民は成功することよりも失敗しないことが大事なのだと思います。
そして庶民が失敗しないためには、やはり経済に関する情報を効率よく入手することなのではないでしょうか。


そこでオススメなのが資産運用や株式投資に関するセミナー
日本全国の色んなところで行われているので、会社員であればちょっとしたメルマガなどで無料セミナーの招待が来ることもあるはずです。是非、アンテナを張ってみてください!

信頼できる講師の講演会に足を運べば、何らかのヒントが得られるはずですよ