アベノミクス解散を経て、衆議院議員総選挙の投開票日(12/14)も迫ってまいりました。
新聞や雑誌をはじめとする各メディアでは、第二次安倍政権の総括として、その成果を検証する試みが始まっています。
エコノミストの間では、デフレ脱却を評価する一方で、財政再建や成長戦略については悲観的な見方が多いようです。恐らく、今回の選挙も与党の勝利で終わるはず。このまま円安が進行して実質賃金が目減りしていく中で、庶民はどのように生活を防衛していくべきなのでしょう・・・。

そこで今回は、安倍政権の源流とも言える小泉政権下に出版された森永卓郎氏の『年収300万円時代を生き抜く経済学』をご紹介いたします!

森永卓郎氏といえば経済系の講演会でもお馴染みですよね。
下記のような講演依頼サイトにも多数登録されています。
森永卓郎

さて、森永氏の講演テーマにもある「年収300万円時代を生き抜く経済学」。
同書が出された2003年といえば、安倍政権でも政府産業競争力会議国家戦略特別区域諮問会議に名を連ねる竹中平蔵氏が、通称「竹中プラン」と呼ばれる金融再生プログラムを推進していた頃です。
私の手元にあるのは、2003年に出版された『年収300万円時代を生き抜く経済学』とその続編(累計37万部売上)を再編集し、2005年に文庫化されたもの。

当時の「痛みを伴う改革」といった表現でも知られるように、小泉純一郎-竹中平蔵ラインによる構造改革路線は、金融機関の不良債権処理をハードに推し進める一方、高齢者や低所得層への保障を制限するなど、デフレ不況とあいまって、格差の拡大を招いていました。
本書は、一般サラリーマンの年収300万円時代が到来すると共に、非正規雇用の増加によって年収100万円台の層が実に1/3を占めるに至った時期に発表された一冊になります。

そんなデフレ不況下において、森永卓郎氏は金が金を生むような勝ち組エリート層の思惑を解き明かした上で、一般市民はそうしたエリートに加わることを無闇に夢見るのではなく、むしろ階級社会が厳格なヨーロッパ(ラテン)や江戸時代の日本を参考に、限られた資産の中でいかに好きなことを見つけ、人生を楽しむかを考えるべきと、「積極的な諦め」の姿勢を説いていきます
もちろん、そのためには生活を守る予算管理とリスク管理を徹底する必要がありますよね。。。
森永氏は著書の中で、日常的な節約術から、不動産・保険・金融商品等の取り扱いに関する具体的なノウハウまで分かりやすく指南してくれます。

巻末に付記された文庫版(2005年)の新章では、自身の半生を振りかえりながら、既にある程度の資産を備え、今やB級コレクションの博物館設立を企図している森永氏にとって、個人的にはデフレ社会の方が安価に不動産を得られるために好都合であることは認める一方、アメリカ型のエリート的な生き方には全く惹かれないと主張しています。
むしろ低所得でもそれぞれに楽しみを見つけて暮らす人々への親近感を表明すると同時に、新自由主義や市場原理主義について、「構造改革の名を借りた弱者切り捨て」だとして強く非難。
デフレの恩恵を受ける経済論者達がハイパーインフレの懸念を建前にインフレへの転換を阻もうとする姿勢を批判しており、アベノミクスでついにインフレへと切り出したこれからの経済展望を語る上でも示唆的な内容といえるのではないでしょうか。


次回は気になるその内容を、もう一歩踏み込んでお伝えいたしますね。
森永卓郎氏の講演会も全国各所で行われているので、ぜひ足を運んでみてください