経済講演会でも大人気の講師・池上彰氏が斬る2014年総選挙。
前回、安倍首相へのインタビュー全文をご紹介した選挙特番では、
番組テロップに表示される政治家の一言プロフィールを、池上さんが手がけている点も人気でした。

例えば、麻生太郎氏は「総理も恐れる失言癖 洗礼名フランチェスコ」。
山本幸三元経産副大臣は「消費増税延期の急先鋒 どじょうすくいを踊る」。
松島みどり前法務大臣は「゛うちわ”はもう作りません 東大゛初”のチアリーダー」。
などなどユーモアあふれる情報ばかり。
こうした手法は他局でも踏襲されていましたね。。。

そして、今回も番組中では池上氏の数々のコメントが冴え渡りました!
image

まずは番組序盤で、自民党が民主党・海江田代表の選挙区を狙い撃ちするように重鎮を次々と応援に送り込んだ選挙戦術について、「えげつない戦い方」と形容。

人気の小泉進次郎氏へのインタビューでは、自民党のあり方を一部では批判的に語りつつも、演説の結びには「自民党をお願いします」と語るんですね・・・と鋭く切り込みます
そして、父・小泉純一郎氏が脱原発を強く訴えているのを背景に、自民党が進める川内原発の話題も触れてみせたり、憲法改正について明確な意見は発していないのではと迫ったりと、原発・憲法改正において自民党の方針に従うだけで小泉進次郎氏独自の方針が見えないことを指摘。
一方で、本人に対しては、「総理大臣への意欲 野心 それがにじみ出た」とも評していました。

また、鈴木宗男氏の娘で、民主党より出馬し当選した鈴木貴子氏に対しては、「父親離れしてないのでは?」と迫る場面も。

さらに、公明党・太田昭宏元代表の東京12区では、自民党はもちろん民主党も候補者を出しておらず、前回の選挙では全国平均の3倍以上も白票が多かった地域と紹介。
そこでは太田氏のポスターに「公明党」と一切書かれておらず、国土交通大臣とのみ記されており、公明党を前面に出すのではなく、安倍政権の重要閣僚であることをアピールする思惑を看破していました。
その太田氏のもとには、安倍首相や舛添都知事も応援演説に駆けつけるほど。
住民にとっては投票可能な選択肢が極めて限られる地域ゆえに、やむを得ず白票も多くなるのだと見られています。
そうした太田氏の事務所には様々な団体から推薦状が届いてることをうけ、池上彰氏は、「監督官庁として進める規制改革に支障をきたすのでは?」との質問をなげかけます。
また、JTBという国土交通省管轄下の企業が、公明党応援の社内通達を出したことにも堂々と質問を浴びせました。

かねてより公明党と創価学会の関係性に批判的に切り込んできた同番組ですが、公明党・山口代表に対しては、結党50年をむかえる公明党の党史の一ページ目に池田大作氏(創価学会名誉会長)の写真が大きく取り上げられていることを投げかけ、同党が創価学会と不可分な組織であることを「歴史的な事実」として見事に認めさせました。

こうした池上彰氏のコメントの数々は、ネット上で「池上無双」と高い評価を得ています。。。
さきの朝日新聞を巡る騒動からも伺えるように、世間に対して絶大な影響力を誇る池上氏を、政治家の方々も無碍にはできないのでしょう。
それもすべて踏まえたうえで、池上氏はあえて、「ここが変だ」と国民が思うポイントに鋭く切り込み、視聴者の政治への関心を高めることに成功しているのではないでしょうか。

もちろん、池上氏の講演会ではこうした政治経済を巡る疑問に分かりやすく解説を加えてくれます
一般人が聴講できる機会は決して多くないので、お聞きになりたい方は日頃からネットで情報をこまめに探しましょう。
池上彰氏に講演を依頼されたい主催者さんは、講師派遣サイトにお問い合わせしてみてください