主催:J-WAVE/筑波大学という異色の組み合わせのイベント、イノベーションワールドフェスタ2018に行ってきた。
協賛も豪華。
後援にはつくば市と文部科学省など、もはや民だけでなく官も巻き込んだ一大イベントになった。


今年はJ-WAVE30周年ということで六本木ヒルズでの開催になったが、場所は狭いし人は多いしで良くなかった。
雨も降っており、日曜日は一部中止で払い戻しになったようだ。

高城剛氏の講演を1セッションだけ聴いてきたので概要と感想。


「30年後の未来へ」というタイトルで基調講演をした高城剛氏。
世界を飛び回っているので生でトークを聞けるのは本当に貴重な機会。


過去30年でデジタル化×グローバル化が世界を一つに結びつけてきた。
今後30年の雲行きはどうも怪しい。

未来学者や未来都市を回って実際に現場を見た感想がとにかく濃い。
写真と情報量の多さ。

中国は全力で未来都市を作っている。
凄まじい速度で無人化している。
電気街はシャッター街。
これが本当に私達の目指す未来なのか、ということは考え直さないといけない。

辛い肉体労働や誰もやりたがらない危険な作業はどんどん無人化省人化すればよいが、人の社会的な居場所がなくなる事態は新たな社会不安になるということだった。


スマホでは新たなイノベーションは起きない。
次は「人体」にイノベーションが起きる。
顔認証、生体にチップを埋め込むと手ぶらになる。
ポストスマートフォン社会は再びスマホを持たない社会に。


中国の杭州などでは大企業がまちづくりをしている。
それまで国の専売特許だったが、グローバル大企業はとうとう街すら作れる時代になった。
そこのインフラはすべて企業が提供できる。


「屋台で起こっていることが本当のイノベーションである」
→その国のイノベーションを見たければ屋台を見る。

大きな企業はどこでもイノベーションについて語るが、実際に起きているのは街角。
中国では屋台すらキャッシュレス。


シアトルではアマゾンがまちづくりを勧めている。
アマゾン・ゴーでは決済がキャッシュレスに。
3年以内に3000店舗に増やす。
これは超絶な無人化。

技術を使ってすべて無人化することがいいのか、考えるべきだと繰り返し伝える高城剛氏。
イノベーション=人を幸せにすることとは限らない。

一人ひとり、一社一社が行っていることは正しいが全体的に見るとこれは正しいかどうかわからない。
(合成の誤謬)

機械、テクノロジーが人の仕事を奪っている。
人の仕事を作るためにメキシコに壁を作成する大統領、中国にこれ以上技術を渡したくないアメリカの大企業が世界的な「分断」を作っている。
イノベーションが分断を創り出している皮肉な構図を解説してくれた。




実際に会ってきた、見てきたことを噛み砕かれた日本語で語っていく高城剛氏。
とても本質的で、同時に恐ろしさを感じる内容だった。

イノベーションについて語っているビジネス書が全盛の中、高城剛氏はイノベーションが世界を分断していることを説き、それに対して最先端の人々がどう対応しているのかまで語ってくれた。

フィンランドではベーシックインカム制度が失敗している。
そこでやはり教育だということで、世界最先端のクリエイティブを生徒に教えているなど。



残念ながら講演依頼サイトには名前の掲載がなかった。
世界を飛び回っている彼を捕まえて講演を依頼するのは難しいかもしれないが、イノベーションや世界経済のあり方を求めている方にはぜひ聴いていただきたい。

本質的すぎて予定調和的な空気のトークはできないかもしれないけど。笑