年間聴講100件超! 講演会マニアが経済の明日を占うブログ

1年間に100件超もの経済に関する講演を聴講している講演会マニアが、見聞きした講師の話を通じて日本経済の展望を語るブログです。

タグ:プエルトリコ

デフォルトに陥ったギリシャで、EUからの緊縮財政による再建策受け入れの是非を問う国民投票が行われ、反対派が大差で勝利
チプラス首相はEUに債務減免を要求する交渉カードの一つ使用する予定ですが、同国のEU離脱の可能性が高まり、為替相場でもリスク回避のため急速にユーロが売られて円が買われる円高の流れが加速しています。

少し前までギリシャの動向を楽観視していた感の市場は果たしてこの結果をどう判断するのか気になりますね。

プエルトリコのデフォルトにともなうアメリカ経済への影響や、バブルがはじけ3週間で28%も値を下げている上海株の動向など、世界経済への懸念事項は盛りだくさん。
特に上海株は、急騰したあと急落しており、当局の対策も間に合わない状態で、中国実体経済への影響が危惧されています。

ちなみに東京大学教授で国際政治学が専門の原帰一はツイッターで、「ギリシャ国民投票でEU支援案が否決されましたが、すでにそれが持つ意味は薄れてしまいました。ギリシャがデフォルトしたあとも経済危機の波及を食い止め ることができたからです。ギリシャ危機がユーロ圏に波及しない限り、世界経済で見れば、中国の株安の方がよほど問題でしょう」とおっしゃっています。

こうした状況でも、「ハゲタカ」と呼ばれるヘッジファンドは確実に利益を稼いでいるのでしょうね。。。
いずれにせよ素人の投資家はうかつに手を出せない状況が続きそうです。

チプラス首相 ギリシャデフォルト





■関連記事:


■関連記事:


■関連記事:

■関連記事:

■関連記事:



ここから本文です

プエルトリコがデフォルト宣言…金融市場影響も

ギリシャばかりを気にして油断をしてたら、プエルトリコがデフォルト宣言 (´Д`)

世界恐慌の前触れとなるのか・・・その影響やいかに?!


読売新聞によると・・・


米自治領プエルトリコは29日、「700億ドル(約8兆6000億円)に上る負債を返済できない」として、事実上のデフォルト(債務不履行)宣言をした。この結果、高金利の金融商品「プエルトリコ債」が償還されなくなる恐れがあり、米国の投資信託などが多く保有していることから、国際金融市場に深刻な影響を与える懸念がある。負債残高は、2013年に財政破綻した米デトロイト市の180億ドルを大幅に上回る。同日公表された報告書によると、08年のリーマン・ショック前後から、石油高などで苦しみ、経済立て直しが進まない中で歳入の見通しが甘く、想定以上に財政赤字が増えたという。


とのことです。


というわけで、ギリシャの債務危機でユーロが揺れる中、プエルトリコの債務危機でアメリカにも動揺が。


Twitterでホリエモンこと掘江貴文さんも「これヤバイね」とおっしゃってましたが・・・


世界的な金融危機に陥らなければよいですね。


こうなると、他にもまだまだ出てきそうで、ますます予断を許しません



■関連記事:


■関連記事:

プエルトリコ デフォルト

↑このページのトップヘ