年間聴講100件超! 講演会マニアが経済の明日を占うブログ

1年間に100件超もの経済に関する講演を聴講している講演会マニアが、見聞きした講師の話を通じて日本経済の展望を語るブログです。

タグ:年金

無題

1/22 東京市場は更に値を下げ、この先、株価が1万6千円台を割る可能性も見えてきました。
世界同時株安その主な原因とされるのが「原油安」です。
シェールガス開発などにより世界最大の石油消費国であったアメリカの石油輸入が減少したこともあり、世界的に原油はいわば供給過剰の状態にあります。
通常、石油価格が下落すればOPEC(石油輸出国機構)は石油の生産量を抑えて価格を調整するのですが、シェールガスの台頭によるシェア低下を恐れて減産を行えませんでした。
もちろん石油価格が安くなれば、競合となる北米のシェールガス関連企業にも影響を及ぼし、石油や天然ガスといった原油価格はどんどん下がっているのです。


日本では消費増税による消費の冷え込みと、アベノミクスの円安主導による原材料価格の高騰が危惧されてきましたが、原油安になれば消費者は恩恵を受け、企業も生産コストを抑えることができるはず。
しかし、年始以降株価は一向に上がるどころか、下げ止まりを見せません。

それは潤沢なオイルマネーを海外市場へ投じてきた中東の政府系ファンドや資産家が、石油価格の減少による減益にともない、リスク回避のために大量に株式を売却していることが大きいようです。

さらにこうした不安定な市場ですと、同じくリスク回避のため個人資産家も株式を売りに出す傾向にあり、年始早々、中国市場が連日取引停止に陥ったのは記憶に新しいところです。

かくして日本の年金機構が株式運用のため市場に投じた年金資金も大量に失われつつあるのです・・・
アベノミクスの指南役として知られる浜田宏一氏も、1/16に出演したTBS報道特集でGPIFの株式運用がハイリスク・ハイリターンであり、その損失の危険性について警鐘を鳴らしています。


【米利上げ関連記事】
■関連記事:
■関連記事:
■関連記事:
【中国市場関連記事】
■関連記事:
■関連記事:


【資本主義の終焉と歴史の危機】
■関連記事:
■関連記事:
■関連記事:

【その他の人気記事】

■人気記事:【5分で読める】トマ・ピケティ『21世紀の資本』(要約)

衝撃のニュースが飛び込んできました!
国民が汗水流して納める年金を運用している年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)。
GPIFは130兆円もの資金を有しているのですが、アベノミクスの一環で株式投資への比率をかつての13%から25%ほどにまで引き上げています。
総理就任以来、景気が生命線の安倍政権ですが、ピンチになれば巨額の年金資金を投じて株価を吊り上げ、好景気を装うこともできるのです。

そして本日11/30、株式投資の損失により、年金が2015年7-9月の僅か3ヶ月で7.8兆円も失われたことが判明しました!!!

平成27年度第2四半期運用状況[PDF:718KB]

無題

上海市場のバブル崩壊の影響は大きく、四半期の赤字額としては過去最大となる巨額の損失。
最終的な損益がプラスになればよいとか、競馬やパチンコみたいな話では決してありません!!
株価は戻ってきているとはいえ、慶應義塾大学経済学部教授の金子勝氏は、「日銀は9月末以降、失敗を粉飾するために、必死に株価下支えのために国債約15兆円とETFを2200億円を買い増し。どこまで続くインチキなアベノミクス失敗隠し」とツイッター上で厳しく批判しています。

きっとこのまま、責任の所在はうやむやにされてしまうのでしょう。
国民の間には怒りの声が広まっています!!

■関連記事:
■関連記事:

■関連記事:
■関連記事:
■関連記事:

■人気記事:【5分で読める】トマ・ピケティ『21世紀の資本』(要約)

↑このページのトップヘ