年間聴講100件超! 講演会マニアが経済の明日を占うブログ

1年間に100件超もの経済に関する講演を聴講している講演会マニアが、見聞きした講師の話を通じて日本経済の展望を語るブログです。

タグ:影響

去る2015/9/16-17に開催されたアメリカの米連邦公開市場委員会(FOMC)で、利上げ見送りが決定されました。
そして、先月の10/27-28に開かれたFOMCでも、やはり見送り

FRB(米国連邦準備制度理事会)のイエレン議長はかねてより、「利上げ開始はリーマンショック後のトラウマが癒えたシグナル」とその機会を図っており、エコノミストの半数も直前まで9月の利上げ発表を予想していました。
前回の記事でご案内したとおり、「利上げ」は景気が好調なしるし。今回の利上げについては、アメリカが2007年のサブプライムローン問題に起因する2008年のリーマンショックにともなう不況から完全に脱却したという象徴的な出来事であるとともに、次なるバブルへの備えでもあります。

しかし、世界の消費を牽引してきた中国株の暴落を受け、混乱を極める世界経済および金融市場への影響を懸念し、アメリカは事実上の「ゼロ金利」となる現在の金利据え置きを決めました。
一旦12月頃まで先送りされるのではという見方の一方、もはや年内の利上げは困難との見方が早くも強まっています。
(2015/12/16追記記事⇒ 

FRB イエレン議長


では、なぜアメリカは現段階での利上げを見送っているのでしょうか?
アメリカ経済は堅調とはいえ、欧州や中国をはじめ世界経済は不安定ですし、仮にアメリカのGDPが減速しようものなら利上げは景気回復を阻害してしまいます。
当然ながら、自国の失業率やGDPをはじめとする経済状況を慎重に見極めたいという思惑はあるでしょう。
しかし、それ以上に世界経済への影響が憂慮されているのです。

アメリカが利上げをすると、ドルの利回りがよくなるため、当然ドルは買われやすくなります。
そうなると、中国や新興国に流れていた投資マネーが大量にアメリカへ戻ると考えられ、ただでさえ中国株暴落⇒人民元切り下げによって混乱している世界経済への影響が大きいと、現状での利上げに対する慎重論が強まっているのです。
特に、世界の基軸通貨となっているドルを通じて買われている新興国通貨への影響は計り知れません!

とはいえ、新興国への影響を気にして自国のバブルがはじけては本末転倒。
次回のFMOCは12/15-16に予定されており、そこで利上げの時期について何らかの発表があるのでしょうか。
もちろん、アメリカが利上げを行えば、その影響として、円が売られてドルが買われる円安ドル高になることが予想され、円安になると輸出の多い大企業に有利になるため、日本の株価も全体的にあがることが考えられます。
円は1ドル=125~130円ほどには安くなり、株価は少なくとも2万円台を回復するのではという見方もあるようですが、年内利上げがあるのか無いのか、投資家は引き続きFRBの動向を注視する必要がありそうです。
このブログでもセミナーや講演会等で情報を収集しつつ、引き続きアメリカの利上げに関する情報をお伝えしてまいりますね

■関連記事:
■関連記事:
■関連記事:
■関連記事:

■関連記事:
■関連記事:
■関連記事:

■人気記事:【5分で読める】トマ・ピケティ『21世紀の資本』(要約)

■人気記事:

ここから本文です

プエルトリコがデフォルト宣言…金融市場影響も

ギリシャばかりを気にして油断をしてたら、プエルトリコがデフォルト宣言 (´Д`)

世界恐慌の前触れとなるのか・・・その影響やいかに?!


読売新聞によると・・・


米自治領プエルトリコは29日、「700億ドル(約8兆6000億円)に上る負債を返済できない」として、事実上のデフォルト(債務不履行)宣言をした。この結果、高金利の金融商品「プエルトリコ債」が償還されなくなる恐れがあり、米国の投資信託などが多く保有していることから、国際金融市場に深刻な影響を与える懸念がある。負債残高は、2013年に財政破綻した米デトロイト市の180億ドルを大幅に上回る。同日公表された報告書によると、08年のリーマン・ショック前後から、石油高などで苦しみ、経済立て直しが進まない中で歳入の見通しが甘く、想定以上に財政赤字が増えたという。


とのことです。


というわけで、ギリシャの債務危機でユーロが揺れる中、プエルトリコの債務危機でアメリカにも動揺が。


Twitterでホリエモンこと掘江貴文さんも「これヤバイね」とおっしゃってましたが・・・


世界的な金融危機に陥らなければよいですね。


こうなると、他にもまだまだ出てきそうで、ますます予断を許しません



■関連記事:


■関連記事:

プエルトリコ デフォルト

↑このページのトップヘ