年間聴講100件超! 講演会マニアが経済の明日を占うブログ

1年間に100件超もの経済に関する講演を聴講している講演会マニアが、見聞きした講師の話を通じて日本経済の展望を語るブログです。

タグ:講師

3/28テレビ朝日「朝まで生テレビ」ではピケティブームを受けて、「貧困・格差・不平等」が取り上げられました。
森永卓郎氏、岸博幸氏、飯田泰之氏などの論客とともに、ホリエモンこと堀江貴文氏が出演。
青年会議所を始め、企業の講演会などにも出演されているようですね。
番組でも随所でホリエモン節を炸裂させていました
ホリエモン 朝生

その中で堀江氏は、そもそも「格差」自体は何の問題もないと主張します。
むしろ全体の1%の富裕層に富が集まることは大歓迎で、賢いファンド等がしかるべき投資を行うことで可能になる事業が沢山あり、それによって社会が発展していくことが多いのだと見ています(富が愚かな政治家や官僚に集まってしまえば、ろくでもないことに使われる)。
さらに、そうして技術が発展すれば、衣食住の面で、金はなくても便利な暮らしを享受できるような社会になっていくとのこと。

そこから司会の田原総一朗氏は、問題は格差なのではなく、貧困層の増大だと指摘。
そして議論は、正規/非正規雇用の問題、一人親世帯の貧困率(平均年収の半分以下の率)の高さ、貧困世帯の子供の問題に話が及びます。

有名大学への進学率が親の年収により左右されるという「不平等」を指摘する声に対し、堀江貴文氏は、今では無償化により高校まではある程度の負担で進学できることを踏まえつつ、学ぶのにも、わざわざ高い授業料の大学になんかいく必要はないと言い切ります。
ただし、子どもは社会で育ててあげる必要があり、その教育機会を増やしてあげる必要がある以上、ネットなどを通じて、グローバル化・多様化にも対応しうる「知」に自分でアクセスできるような教育を中学までにしてあげるべきだと

年収が低いから、非正規雇用だから結婚できないというのは単にプライドの問題。
家がなくても、結婚できなくても、生きていける。稼げる稼げないは、工夫次第。
金のない奴が富を得るには「r」(株式等の資本による収益)に張るしかなく、そのための資金を得るにはベンチャーしかない。大企業になんか行かずに、ベンチャーに行けばいい。

このように番組を通じてあふれる堀江貴文氏の考えの根底にあるのは、必要最低限の暮らしでも十分に生きていけるという覚悟にも似た達観と、競争社会にあっては良くも悪くも己の才覚一つによっていかようにも道は決められるというネオ・リベラルな自己責任の原理のように思えます。。。


■関連記事:【5分で読める】トマ・ピケティ『21世紀の資本』(要約)

■関連記事:

■関連記事:

■関連記事:

■関連記事:

■関連記事:

■関連記事:

■関連記事:

シリーズでお伝えしております経済講演会の開き方
今回は「其の二:予算を決める」をお送りします。

当然ながら、講演会を開くにはそれなりの予算が必要です。
まずは何にどれ位の経費がかかるのかを試算してください。

ホテルなどの会場代、控え室や駐車場代、マイク・演台・スクリーン等の機材レンタル料、
プロの司会者を起用するのであればその人件費など様々です。
チラシやポスターを作るのであればその費用も馬鹿になりません。
それらを差し引いて、講師に幾ら払えるのかを冷静に考えましょう。
有料制にする方法もありますが集客できなければ支払いができなくなるので、
かなりのリスクがあることも事実です。

講師の経費としては、講演料の他に交通費・(時間によっては)宿泊費・食費などもかかります。
特に交通費は、マネージャーも同行することがほとんどですので、
グリーン車や飛行機のプレミアムクラス2名分の予算が見込まれます。


また突然のスケジュール変更に備えるため、チケットは正規料金での手配が必要です。
仮に東京から札幌へ向かうのであれば航空運賃は2名で18万円にのぼります。
そこから会場までの往復タクシー代なども考えるとかなりの額に・・・
在来線には乗ってくれない講師も多いようなので、
可能であれば最寄の新幹線駅などから車で送迎すると節約になりそうです。
(一応、軽トラとかではなく、ちゃんとしたクラスの車にしましょうね)

お食事代もコンビニ弁当やオリジン弁当は失礼なので、
仕出し屋さんなどの幕の内弁当(千円強?)が妥当ではないでしょうか。
宿泊がある場合は、当然ながらスーパーホテルとかアパホテル等ではなく、
それなりの格式のあるシティホテルで、マネージャーの分と2部屋用意が必要です。
少なくとも講師の方には上級なツイン以上のお部屋を取るのが無難です。

そしてもちろん、講演料にも消費税8%がかかります
2017年4月の消費増税については景気判断条項も盛り込まれていないため、
実施以降の講演には10%がかかるでしょう・・・

ニッチながら直前には講演会の駆け込み需要もあるかもしれません。。。

それでは気になる講師の講演料ですが、これはもう様々のはずです。
前回も紹介した「講師料金の目安」について教えてくれるサイトがありますが、
集客力があって知名度のある講師なら100万円くらいはするようです
講師料金の目安


社内で会議を開き、例えば池上彰さんに講演を依頼したいとなれば、
まずは講演料・講師料がいくらなのか見積もりを立てないといけません。
といっても、どこに問い合わせればよいのか分かりませんよね・・・。
そういう時は講師派遣専門の会社がありますので、そちらに問合せをしましょう。
企画がはっきりと固まっていれば、料金やスケジュール照会に応じてもらえます。
経験上、お願いすれば見積書も出してくれるはず

また、池上彰さんが希望の予算に合わない場合は、
予算の範囲で呼べる講師の提案リストも頂けたりするので使わない手はありません。
もちろん最終的に講師へ依頼を行わない限りは相談無料です!
こうした業者さんは講演会のプロとして講演会担当の初心者をサポートしてくれますし、
交通・宿泊手配方法なども相談に乗ってくれるので、
講演会を任されたら積極的に問い合わせてみるといいと思います



■関連記事:「講演依頼サイト徹底比較 ~勝手にランキング~」
■関連記事:「【明日から開ける】経済講演会開催の流れ ①役割を明確にする」
■関連記事:「人気講師・池上彰氏が斬る2014年総選挙」

経済講演会でも大人気の講師・池上彰氏が斬る2014年総選挙。
前回、安倍首相へのインタビュー全文をご紹介した選挙特番では、
番組テロップに表示される政治家の一言プロフィールを、池上さんが手がけている点も人気でした。

例えば、麻生太郎氏は「総理も恐れる失言癖 洗礼名フランチェスコ」。
山本幸三元経産副大臣は「消費増税延期の急先鋒 どじょうすくいを踊る」。
松島みどり前法務大臣は「゛うちわ”はもう作りません 東大゛初”のチアリーダー」。
などなどユーモアあふれる情報ばかり。
こうした手法は他局でも踏襲されていましたね。。。

そして、今回も番組中では池上氏の数々のコメントが冴え渡りました!
image

まずは番組序盤で、自民党が民主党・海江田代表の選挙区を狙い撃ちするように重鎮を次々と応援に送り込んだ選挙戦術について、「えげつない戦い方」と形容。

人気の小泉進次郎氏へのインタビューでは、自民党のあり方を一部では批判的に語りつつも、演説の結びには「自民党をお願いします」と語るんですね・・・と鋭く切り込みます
そして、父・小泉純一郎氏が脱原発を強く訴えているのを背景に、自民党が進める川内原発の話題も触れてみせたり、憲法改正について明確な意見は発していないのではと迫ったりと、原発・憲法改正において自民党の方針に従うだけで小泉進次郎氏独自の方針が見えないことを指摘。
一方で、本人に対しては、「総理大臣への意欲 野心 それがにじみ出た」とも評していました。

また、鈴木宗男氏の娘で、民主党より出馬し当選した鈴木貴子氏に対しては、「父親離れしてないのでは?」と迫る場面も。

さらに、公明党・太田昭宏元代表の東京12区では、自民党はもちろん民主党も候補者を出しておらず、前回の選挙では全国平均の3倍以上も白票が多かった地域と紹介。
そこでは太田氏のポスターに「公明党」と一切書かれておらず、国土交通大臣とのみ記されており、公明党を前面に出すのではなく、安倍政権の重要閣僚であることをアピールする思惑を看破していました。
その太田氏のもとには、安倍首相や舛添都知事も応援演説に駆けつけるほど。
住民にとっては投票可能な選択肢が極めて限られる地域ゆえに、やむを得ず白票も多くなるのだと見られています。
そうした太田氏の事務所には様々な団体から推薦状が届いてることをうけ、池上彰氏は、「監督官庁として進める規制改革に支障をきたすのでは?」との質問をなげかけます。
また、JTBという国土交通省管轄下の企業が、公明党応援の社内通達を出したことにも堂々と質問を浴びせました。

かねてより公明党と創価学会の関係性に批判的に切り込んできた同番組ですが、公明党・山口代表に対しては、結党50年をむかえる公明党の党史の一ページ目に池田大作氏(創価学会名誉会長)の写真が大きく取り上げられていることを投げかけ、同党が創価学会と不可分な組織であることを「歴史的な事実」として見事に認めさせました。

こうした池上彰氏のコメントの数々は、ネット上で「池上無双」と高い評価を得ています。。。
さきの朝日新聞を巡る騒動からも伺えるように、世間に対して絶大な影響力を誇る池上氏を、政治家の方々も無碍にはできないのでしょう。
それもすべて踏まえたうえで、池上氏はあえて、「ここが変だ」と国民が思うポイントに鋭く切り込み、視聴者の政治への関心を高めることに成功しているのではないでしょうか。

もちろん、池上氏の講演会ではこうした政治経済を巡る疑問に分かりやすく解説を加えてくれます
一般人が聴講できる機会は決して多くないので、お聞きになりたい方は日頃からネットで情報をこまめに探しましょう。
池上彰氏に講演を依頼されたい主催者さんは、講師派遣サイトにお問い合わせしてみてください

前回に引き続き、森永卓郎氏の著書『年収300万円時代を生き抜く経済学』を紹介いたします。
アベノミクス解散に伴う総選挙を控え、森永氏には講演依頼が殺到しているのではないでしょうか。
森永卓郎 講演依頼
講演会でも経済展望やビジネス・経営論を中心にお話されます。
テレビでもおなじみの柔らかい口調で、分かりやすく解説してくれるのでオススメです。。。

それでは、名著『年収300万円時代を生き抜く経済学』の気になる中身を要約すると以下のとおり。

①政権と勝ち組エリート層の思惑:
90年代後半のITバブルによって一部の“勝ち組”にキャッシュが集中しました。
バブル崩壊以降、地価が急落する中で、その“勝ち組”が資金力を活かして不動産を安価に取得。
それまでの日本では、土地を担保にした間接金融システムがあったため、銀行も融資を行いやすく、企業経営は高い安定性を保ってきました。
不況下でも、銀行は中期的な観点から、担保の土地を競売に出すよりは少しでも収益の見込めるよう一部債権放棄の対応をとっていたのです。
しかし、竹中平蔵氏の「金融再生プログラム」によって短期間での不良債権処理を強硬に迫られた大銀行は、過剰債務にある大企業の不動産を吐き出すほか無く、それを資金調達能力に優れたハゲタカファンド等の”勝ち組”が絡めとってゆく構造になってしまいました。
後は時機が来たら金融緩和によってデフレを終わらせ(インフレターゲットの導入)、地価を吊り上げるこ とで“勝ち組”に莫大な利益が生まれるというカラクリです。
デフレは十分なキャッシュを保有している者ほど美味しい資産を獲得して更に利益を増やすことのできる弱肉強食の世界。
強者がデフレ時代に掻き集めた資産はインフレによって大きな利ざやを産むのでした。。。

②年収300万円時代

デフレが続けばいずれ物価以上に賃金水準が低下します。
政府が推し進めるようなアメリカ的な市場原理のシステムが浸透すれば競争は激化し、中流が消失する形で格差は更に拡大するでしょう。
これはレーガン政権時代に市場原理が強化されたことでアメリカに起こったのと同じ事態。
周知のとおりアベノミクスという造成語はレーガノミクスに由来しているため、何とも示唆的ですね。
ひいては年収格差が食や医療、子どもの学力差にまで影響し、9割が“負け組”に・・・
こうしたアメリカ型世界でいつ競争から脱落するかに怯えながら24時間働くエリートよりも、階級制の厳しいヨーロッパや不況下でも自殺者の少ないラテン社会のように、会社以外に一生付き合ってゆけるライフワークを見つけ、低所得なりに楽 しみながら人生を送る方が豊かだと森永氏は説きます。

③幸せに暮らす智恵と工夫:

デフレが続けば収入が減るのとともにリストラのリスクが高まり、たとえ緩やかなインフレに転じても成果主義の浸透で賃金上昇は物価に追いきません。
限られた収入を効率的に使うには、収支を見直す方法論や、予算管理と不測の事態に備えるリスク管理が必要です。

そこで森永氏は、住宅ローンを固定金利期間変動型にするのはインフレ時にリスクが大きい、保険会社の経営を危惧した生命保険の安易な解約は損をする、国民年金保険料の免除制度を活用するなど、生活を守るための具体的なノウハウを指南してくれます。
公的医療補助制度、出産補助制度、医療費や住宅取得時の控除、クーポンや株主優待、クレジットカード割引、金券ショップ、ポイント有効利用などについても例示されているので、積極的に取り入れてみてはいかがでしょう。

十年以上前に出版された本ですが、アベノミクスによってインフレに転じた現在の状況を鋭く言い当てているように思えます
森永卓郎氏の講演ではこうした的確な経済展望を伺えるので、機会があれば是非、聴講してみてください

追記:ある講演会主催者さんの情報によると、森永卓郎氏は講演料等に細かな決まりごとがあるようなので、講演依頼を検討されている方は講師派遣サイト等へ事前に確認しておくと良いそうです

アベノミクス解散を経て、衆議院議員総選挙の投開票日(12/14)も迫ってまいりました。
新聞や雑誌をはじめとする各メディアでは、第二次安倍政権の総括として、その成果を検証する試みが始まっています。
エコノミストの間では、デフレ脱却を評価する一方で、財政再建や成長戦略については悲観的な見方が多いようです。恐らく、今回の選挙も与党の勝利で終わるはず。このまま円安が進行して実質賃金が目減りしていく中で、庶民はどのように生活を防衛していくべきなのでしょう・・・。

そこで今回は、安倍政権の源流とも言える小泉政権下に出版された森永卓郎氏の『年収300万円時代を生き抜く経済学』をご紹介いたします!

森永卓郎氏といえば経済系の講演会でもお馴染みですよね。
下記のような講演依頼サイトにも多数登録されています。
森永卓郎

さて、森永氏の講演テーマにもある「年収300万円時代を生き抜く経済学」。
同書が出された2003年といえば、安倍政権でも政府産業競争力会議国家戦略特別区域諮問会議に名を連ねる竹中平蔵氏が、通称「竹中プラン」と呼ばれる金融再生プログラムを推進していた頃です。
私の手元にあるのは、2003年に出版された『年収300万円時代を生き抜く経済学』とその続編(累計37万部売上)を再編集し、2005年に文庫化されたもの。

当時の「痛みを伴う改革」といった表現でも知られるように、小泉純一郎-竹中平蔵ラインによる構造改革路線は、金融機関の不良債権処理をハードに推し進める一方、高齢者や低所得層への保障を制限するなど、デフレ不況とあいまって、格差の拡大を招いていました。
本書は、一般サラリーマンの年収300万円時代が到来すると共に、非正規雇用の増加によって年収100万円台の層が実に1/3を占めるに至った時期に発表された一冊になります。

そんなデフレ不況下において、森永卓郎氏は金が金を生むような勝ち組エリート層の思惑を解き明かした上で、一般市民はそうしたエリートに加わることを無闇に夢見るのではなく、むしろ階級社会が厳格なヨーロッパ(ラテン)や江戸時代の日本を参考に、限られた資産の中でいかに好きなことを見つけ、人生を楽しむかを考えるべきと、「積極的な諦め」の姿勢を説いていきます
もちろん、そのためには生活を守る予算管理とリスク管理を徹底する必要がありますよね。。。
森永氏は著書の中で、日常的な節約術から、不動産・保険・金融商品等の取り扱いに関する具体的なノウハウまで分かりやすく指南してくれます。

巻末に付記された文庫版(2005年)の新章では、自身の半生を振りかえりながら、既にある程度の資産を備え、今やB級コレクションの博物館設立を企図している森永氏にとって、個人的にはデフレ社会の方が安価に不動産を得られるために好都合であることは認める一方、アメリカ型のエリート的な生き方には全く惹かれないと主張しています。
むしろ低所得でもそれぞれに楽しみを見つけて暮らす人々への親近感を表明すると同時に、新自由主義や市場原理主義について、「構造改革の名を借りた弱者切り捨て」だとして強く非難。
デフレの恩恵を受ける経済論者達がハイパーインフレの懸念を建前にインフレへの転換を阻もうとする姿勢を批判しており、アベノミクスでついにインフレへと切り出したこれからの経済展望を語る上でも示唆的な内容といえるのではないでしょうか。


次回は気になるその内容を、もう一歩踏み込んでお伝えいたしますね。
森永卓郎氏の講演会も全国各所で行われているので、ぜひ足を運んでみてください


↑このページのトップヘ